令和6年度 青年部部長所信

スローガン 『共に成長し新たな創造を』~互恵関係を築き、建築板金業の未来を創る~

令和 6 年は大きな災害から始まってしましました。能登半島地震による被害は今もまだ過酷な状況となっております。私達個人も板金工業組合もこれからの取り組みに影響し変化をしていかなくてはなりません。

埼玉県板金工業組合青年部は、今まで培ってきた多種多様な組合活動を不断なく継続してきたからこそ、コロナ渦でも早くに順応する事ができました。そしてこれからは培ってきたものを昇華し、私達の糧とし備えていかなければなりません。平時だけでなく、仕事や環境の非常時でも連携できるような取り組みを創り上げられる組織にしていきたいです。


昨年一年間に私達で作り上げた例会には様々な試みが有り、新しい気付きや課題が見つかり成長の機会が沢山ありました。そして二年目ではそこから新たな創造への取り組みへ挑戦し、スローガンに掲げている「共に成長し新たな創造を」創り上げていきたいと考えております。

これからも世の変化は加速していくでしょう。個々の会社の問題や板金業全体の抱えるリスク、問題点とも向き合って変貌を遂げなければいずれ淘汰されてしまいます。

情報が溢れかえり個々では対応しきれない問題にこそ青年部活動を通し「互恵関係」を持って互いの未来への歩みを支え合える関係を育んでいければと考えております。

埼玉県板金工業組合青年部は 41年の長い歴史を経て培ったものが県内外を越えて注目される様になりました。魅力ある人材が集まる私達はこれからも新たな発想と創造を発信し、関わるすべての方と共に成長し感謝の心を持つことが、板金業の躍進につながっていくと確信しております。

青年部長 鈴木淳一

埼玉県板金工業組合青年部
部長 鈴木 淳一

令和6年度 青年部 組織図

活動内容

→ 青年部 Facebook をご覧ください(別タブで開きます)

青年部メモリー:周年記念誌

※タイトルをクリックで、別タブで開きます。

青年部 風景